スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野太刀シリーズの内側1

という事で、セフィ○スになりかけミクの制作過程などを一部ご紹介。
最初はMMD杯告知CMの動画。
エンコードの項でもご紹介したアレです。
仕上がりの派手さとは裏腹に、ほとんど手の掛かっていない動画でもありますw

材料は
・MMD(もちろんこれがないと始まらない)
・動画フリー素材集の炎
・静止画フリー素材集の月
・AfterEffectsないしNiVE(でも代用可能)
の4点です。
野太刀1野太刀2野太刀3野太刀4
左から、炎レイヤー2(一番後ろ)、ミクレイヤー、炎レイヤー、文字レイヤーと上に重なっています。
野太刀5
横から見るとこんな感じです(実際は3Dレイヤーは使っていません。解説用)

一番後ろの炎レイヤー2は、ミクのアップの時は拡大と若干のぼかしを入れて距離感を出します。
ミクレイヤーはブルーバックでクロマキーを掛けるだけ。
手前の炎レイヤーはレイヤー合成を「加算」で重ね、更にミクとカメラの距離によって、拡大させています。また、ミクの全体像(一番引いた時のカメラ)が写っている時に、ちゃんと足元より下から炎が出ているようにする為、拡大した後、画を全体に下方向へわざとズラします。
野太刀6
炎レイヤーの全体像はこんな感じ。
アップの時は丁度上がわのチラチラしている部分だけを見せている感じです。

炎レイヤーはカメラワークに合わせて横に動かしたり、拡大・縮小をコントロールしたりして、いかにも追従させているようにしていますが、実際はかなりアバウトです。
見た目に分からなければいいかなとw

ミクレイヤーはいつもどおり、MMDから1024x768 30fpsで出力して、AE(NiVE)上で50%へ縮小。
クロマキーを適用させている以外何もしてません。

文字レイヤーは白文字黒エッジにドロップシャドーをつけて、縦や横にスクロールさせているだけ。

という単純な感じになっております。
なのでレンダリングも重くはなく、サクサクと進みました。
気合があれば、炎を自作した方が綺麗なのかもしれませんが…
パーティクル系はまともにやろうとするとお金も時間も慣れも必要なので。
今回は素材集のチカラにかなり頼りました。
市販の素材集は結構使えるものが多いですので探してみるといいかもしれません。

では、今回は簡単ですがこんなところで。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

たいへん参考になりました

他人様の制作過程が垣間見えるのって
実はそんなに多くないので、参考になります。

なんか色々できそうな気がしてきましたw

専門サイトみたいに巧く説明できればいいんですけどね~
なかなか難しいです。
作業は結構ダラダラやってるので、中継だと寝る人が殆どでしょうしw
(回線細いので中継すら出来ませんが;)
プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に脳内変換してください)
【FaceBook】上記アドレスか、ID「kanna3939」で検索を

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Ask.fm
MMD関連の質問や生放送で読んでほしいお便りとか、ネタとか色々受け付けているかもしれません。
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。