スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか見た肩と腕の複雑な関係

ドラマや小説のタイトルではありません。
忘れた頃にやってくるミニTipsです。
(アップロード時現在、画像アップロードサーバが不調な為、画像が表示されない・妙な画像になっている場合があります。後日修正しますので、暫くお待ちを)

今回は肩と腕の曲げ方について。
MMDではボーンの稼動制限は設けておらず、ミクとリンはかなり変形も出来ます。
飛行形態も可能なのですね。
なので、強引に曲げたり動かしたりも出来ますが、そこに不自然さがあるとイヤというのであれば、ある程度、人間の関節稼動範囲について知る必要があります。
人間の関節は自由度が高いようで実は稼動制限が厳しいです。

まず、腕を上げる場合。
顔の近くまで腕を上げる時、文字通り腕だけを曲げるとこうなります。
肩と腕1
そして、肩の部分をアップで見ると
肩と腕2
永久脱毛のCMではありません。
次に、肩をある程度上げてから
肩と腕3
腕を上げると
肩と腕4肩と腕5
自然な感じがしませんか?
見惚れるような脇が出来ますw

さて、これはX軸だけではなく、Y軸・Z軸にも同じ事がいえます。
例えば腕を横に広げ手のひらをカメラ側に向ける場合(動作の言語化は難しい…)
肩と腕6肩と腕7
腕だけ(または肘)で回転させると、どこかでねじれが生じてしまいます。
カメラで写らなければ大丈夫ではありますが、連続動作をさせる場合、ここで妙な動きの原因ともなっていることがあります。
肩と腕8
まず、肩を少し上げて手前側(画面赤の回転軸を上に)へと曲げる
肩と腕9
次に腕を丁度よい所まで上げて、同じく手前側へと曲げる
肩と腕10
さらに肘も手前側に曲げる
というように、一気に一つの関節で何かを曲げるのではなく、腕全体で曲げるようにしていくと、動きもスタイリングも自然な形に近づくと思います。

ただ、リンβ版では、同じように肩から曲げていきある程度の範囲を超えると、
肩と腕11
セーラーの一部が欠けたりしますので、ミクに比べて可動範囲が狭まります。
また、肘が露出しているので、モーフィングによるシワが出やすくなっているので腕などの可動にはミクのデータ流用した後に修正が必要になります。
(ミクの場合は肘が袖で隠れているので無理なひねりでも分かり難かった)
リンは髪が楽なので、腕周りなどに気を使うと良いかもしれません。

肩や腕などは自分で動かしてみると分かるようで、実は無意識で可動してる部分もあったりでなかなか難しいです。

以上です。
では良いMMDライフを♪
関連記事
スポンサーサイト

tag : モーション

コメント

非公開コメント

プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。