スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしぃ

あんよ
あんよ


足(と脚)の動きは腕よりは若干楽で、IKが備わっているので基本姿勢を作るのは簡単。
センターIKとの絡みさえしっかり把握しておけば、色々夢が広がるだろう。
両足IKの位置が基準となり、センターIKが全体の位置(というか重心決定)の役割を果たしている。
IK1センターIKのみ動かす

WS_000396.jpg右足IKだけ動かす

IK1C両方動かす

その他の足のボーンはこの足IKに支配されているので、基本はこの二つを動かすだけでポーズは決められる。
より自然にとか、もう少しだけ角度を、などの時にくらいにしか足ボーンを直接いじる事はないだろう。
IK1D

このポーズもほぼ一瞬で出来る。
ただここで気をつけたいのが、足IKの他につま先IKもある事。
上記の図では足首がありえない方向になっているので、足IKをいじった時はほとんどの場合、つま先IKも調整しないとならない。
IK1E

あとはセンターIKの位置と高さ。
重心がおかしいと無重力状態になるし、場合によっては空も飛べるはず。
空気イスにだって座れる。
マ○ケル

ワイヤーアクションも出来るミク。
万能です。

もう一つの注意点としては、下半身の項目。
下半身軸を動かすと、多少ではあるが足に影響が出るので注意したい。
あまり腰を動かしすぎると足がヘンなことになったりする。
腰振り

足IKは所定の位置へ行きたがってるが、上位支配している下半身軸が動くと当然そこにたどり着けないので、結果として足が浮いてしまう。
作業している間に、足IKで浮かせているのか下半身で浮かせているのかが判別しずらくなる事もあったりと、腰は難題がある。

が、踊りは腰が大事なので細かく設定したいところ。
ぱうっ!

ぱうぅっ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。