スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照明設定

照明設定
(分かってる人には無意味な説明ですので、初心者向けというかどれだけお役に立てるかは分かりません)
照明設定画面

残念ながら舞台装置に付いている照明器具は動かないし、色もそんなに変わりません。
ただ、照明から出ているビーム(光の筋)は、設定した色にある程度影響されます。
照明2照明1

動かすとなると、照明はアクセ扱いで別ボーンで組めるように樋口Mさまに祈願するしかないでしょうw

なのでこのソフトでの照明は環境照明扱いです。
環境照明とは、絶対軸0のポジションを中心として、どのベクトルから光を射しているかを設定するものです。
ミクないし舞台セットの周囲が球で囲まれており、その球の辺から光が差し込まれている、と考えればよいでしょう。
照明より後ろに行く事は出来ません。

さて、そのベクトルですが
照明ダイアログ
この照明設定のダイアログの下半分で設定します。
横=X、高さ=Y、奥行=Z、それぞれが、0地点に対して-1?+1の範囲で決めます。

ちなみに、数値入力を直接やっても今のバージョン(MMD2.01)では反映されません。スライダで設定します。
■上記訂正■数値入力後、Enterで数値反映だそうです。樋口さん失礼しました。

また、X/Y/Z全てをゼロにすると、照明の色設定が無効化されてしまうので、0.01でもずらさないと色が出ません。

Xのマイナス方向で、画面右から、プラス方向で画面左から光が射し込まれます。
Yのマイナス方向で、画面上から、プラス方向で画面下から。
Zのマイナス方向で、画面奥から、プラス方向で画面正面から。
(カメラ初期位置の場合)
なので、右上から射し込ませたい場合は、XとYをマイナス方向へ、という事になります。

マイナスとプラス、逆じゃないの?と思うかもしれませんが、ベクトル設定なのでたぶんこれで正解なのでしょう。
(最初は私もあれ?と思ってました)

本物の舞台のように光の筋などは変えられませんが、この設定を色々弄る事でミクやアクセ、舞台の影のでかたが変わりますので、色々設定すると面白いです。

次に色についてですが、R/G/Bそれぞれ0?255のフルカラーとなっています。
(R=red=赤・G=Green=緑・B=Blue=青)
実際の証明は微妙な中間色はあまりなく、
■日本照明情報サービス■色見本
とかを参照にしてみるのも良いかもです。
残念ながら、ここにあるのは正確ではありません。こんな感じ、というのがあるだけです。
正確な色が知りたい場合は、LEE(照明用フィルタを販売している会社)や照明専門の会社が出している色見本を購入するとよいかもです。
(色見本についてはググろう)

大抵実際の照明は8?12色くらいで組み合わせたりします。ムービングライト(動く照明)も、細かく設定出来る機能があるやつも多いですが、プリセットの色で済ませてしまう事が多いらしいです。

見た感じ原色系が多いですね。
でもカメラを通すと若干滲みや色合いが変わったりするので、青は青でも、青=100%ではなく、
青=92%、赤=5%、緑=3%とかの割合の方が青っぽい感じがしたりします。
この辺りは試行錯誤してみて下さい。

そして、限界値は255ではありますが、RGB=255にするとミクの顔がまっちろになってしまうので、190?210辺りで止めておいた方が良いかもしれません。
これくらいであれば、若干肌っぽい色合いは残ると思うので。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 照明設定

コメント

非公開コメント

プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。