スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PMDEditor Ver0.1.2.9bリリース

PMDEditor Ver0.1.2.9b
http://loda.jp/mmdfile/?id=707

約一か月ぶりとなるリリースではありますが、細かい所での機能追加となっています。
今回の目玉機能としては「自動バックアッププラグイン」でしょうか。

0.1.2.8(非公開)
複数値コピー→ベクトルコピーへ用語変更。ベクトルコピーから選択オブジェクトの位置設定他

0.1.2.9(2011/8/16)
自動バックアッププラグイン/終了時View状態保存プラグイン追加。プラグイン修正他


と二段階になっております。

■自動バックアッププラグイン
自動バックアップは導入後はオフになっているので、使用する場合は設定を行う必要があります。
プラグインは、Systemプラグインの中にあります。

自動バックアップ1
編集メニュー(E)→プラグイン(P)→System→自動バックアップ(A)

メニューから選ぶとプラグインの設定ダイアログが開きます。
SS_00419.jpg

・有効チェックボックス
自動バックアップ機能を使うかどうかのチェックです。初回起動ではオフになってますが、オンにすれば自動バックアップします。
ファイル名はダイアログにあるとおりに保存されます。
例:20110816_2030_初音ミク.pmx

・保存先フォルダ
保存先のフォルダを指定できます。デフォルトではプラグインがある場所
PMDEditor.exeがあるフォルダ\_plugin\system\backup\
となります。

・バックアップ間隔
バックアップを取る時間間隔を指定できます。単位は「分」ですので、1なら1分、5なら5分間隔となります。
横にある「更新がある場合のみ」のチェックがオンであれば、文字通り内容更新があったと判断した場合のみバックアップを取ります。オフにしておくと、更新の有無にかかわらず定期的にバックアップします。
(以下、SystemプラグインフォルダにあるAutoBackup.txtより抜粋)
更新がある場合のみ保存対象とすることもできますが、判定は現在のUndo可能回数で行っているので、
Undo→再編集(データ内容は異なるが前回保存時と同じUndo可能回数)時など更新対象であってもうまく保存されないケースがあります。
※PMXは正規化時に一部の実数値がバイナリレベルで異なる値(誤差程度)となることがあるので
暫定的に上記のような方法で対応(デフォルトOFF)


・保存制限
三択となります。
無制限 : 制限がないのでユーザーが消さない限りはずっと残ります
ファイル数 : ファイル数で制限します。ファイル数を超えたら古いものから削除されます
フォルダ容量 : フォルダ容量で制限します。容量を超えたら古いものから削除されます
ユーザーがバックアップフォルダにファイルを置いても削除対象となる可能性があるので、必要なものはバックアップフォルダには入れずにコピーするなどして、別に保存しておくとよいでしょう。

・保存形態
バックアップ保存は全てPMXで保存されます。PMDモードでもバックアップはPMXです。バックアップファイルを読み込んだ後にPMDモードに戻せば同等のものとなります。
また、テクスチャなどのデータは同時保存されませんので、対象はモデルデータ本体のみとなります。

以上で簡単な使用方法の説明を終わります。
_plugin\System
フォルダに開発者が記した「AutoBackup.txt」がありますので、そちらもご一読下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。