スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft Kinect SDK Betaリリース

ちょうどマイクラ生やってる最中に発表イベントというかネット生放送が始まったので見てみました。
というか、今も見ながら書いてますw
メモがてらにわかったことを書いておきます。

DLなどはこちらから。
http://research.microsoft.com/en-us/um/redmond/projects/kinectsdk/

必須環境
・Windows 7(32/64bit) 専用
・DualCore 2.66G以上のCPUが必要(4コア2Gとかでもいけるかも?)
・Dx9.0c
・2GのRAM
・.NET Framework 4.0
・Visual Studio 2010 Express(開発者向け)
・非商用利用のみ

という事で、少し懸念してたXNA必須は避けられた模様で、普通のPC環境でいけそうです。
Win7では.NET4入ってる場合も多いので、マシンスペックさえ満たせばそのまま使えるというか。
PMD-E使ってる人であれば.NETは入れてますしね。

で、効能というか、OpenNIに比べて何が出来るかというと…
・取得ボーンの追加(頭・首・手首・腰中心・つま先)
 この辺りはMoggDxOpenNIでも取得できてましたが、公式ドライバから直接取得可能に。

・認識距離の飛躍的向上
 プレゼンみた限りでは、850mm~4000mm(85cmから4mまで)とかなり範囲が拡大し、ソフト側で範囲設定が可能

・解像度をフルスペックで取得可能
 320x240だったのが640x480の解像度で取得できそう(とはいえ、RGBカメラデータは640サイズで取得してたのは確認できましたが、深度側もそこまで行けるかどうかは要検証)

・カメラティルトモーターの駆動制御
 カメラの首振りも制御可能に

・オーディオ系処理(ノイズキャンセルや4つあるマイクからの音声入力と音声認識)
 音声認識によるコマンド入力なども可能

・二人まで同時認識可能

・開発環境は基本C++ないしC#

・Kinect本体の認識、ドライバインストールが簡単に
 SDKはmsiインストーラー形式で、DLしてそれをインストールしたのちに、Kinect本体をつなげるだけで簡単認識。
 現在のところ、OpenNIとの競合問題は出てないようです。
 少なくともOpenNIのインストールよりはかなり簡単になりました。

・認識精度の向上とレスポンスの向上
 認識精度はOpenNIより上がってるようで、動き処理のディレイも軽減されてる様子です。
 初期人物認識もかなり早くなってるようで、Kinectの初期ポーズも必要ないようです。


と、ひとまずわかったのはここまで。
あとはコード書ける人が興味を持ってくれて作ってくれるかという他力本願的にはなってしまいますが…。
MMD開発が止まった今、DxOpenNIをベースとした改造が今のところ唯一ともいえるモーション系の橋渡し部分なので、期待せざる得ません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。