スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PMD Editor 0.0.8.6 リリース

そんな訳で、しばらく音沙汰が無かったモデルセットアップツールであるPMD Editorですが、大幅バージョンアップしました。

PMDエディタ 0.0.8.6b
http://loda.jp/mmdfile/?id=243

正式リリースとしては0.0.6.3が最後でしたので、これはかなりのメジャーバージョンアップとなります。
Readmeの最後にリリース内容がありますが、開発途中版が何度か限定リリースされているものの、ほとんどは極北Pのみのローカル環境でのチェックとなっていますので、導入や使用は自己責任で行って下さい。
その代わり、様々な要望や便利機能、お遊び機能が含まれたセットアップツールとなっています。

さて、導入方法ですが、旧バージョンの上書きでは不具合が出るので、新しいフォルダ内に展開するか、もしくは旧バージョンを削除(ないしバックアップしてから)、展開してください。
大幅更新ですので、旧プラグインの動作保障もありません。動くのもありますが、不具合出るのもあります。ですので、今回はバックアップを取ってから一新する事をお勧めします。

また、動作に必要なランタイム群も大幅変更されています。

□.NET Framework4.0 : 必須
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=9CFB2D51-5FF4-4491-B0E5-B386F32C0992&displaylang=ja

□.NET Framework3.5SP1 : .NET4だけで起動しなかった場合は追加インストール(.NET3.0/2.0も同時にインストールされる)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=AB99342F-5D1A-413D-8319-81DA479AB0D7&displaylang=ja

□DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ : DX10/11がインストール済みの環境下でもDX9は個別インストールが必要
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=2da43d38-db71-4c1b-bc6a-9b6652cd92a3

□Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ (x86) : 64bit環境の場合も(x86)が必要になるようです(状況によってはx64の方もインストールしてください)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=a7b7a05e-6de6-4d3a-a423-37bf0912db84&displaylang=ja

.NETは4.0になってますし、C++とDirectXもバージョンアップされてますので、既に導入されている方も更新の意味も含めてインストールし直しをして下さい。
特にC++2010とDirextXランタイムですが、MicrosoftサイトからDLする時にはファイル名がバージョンで違うという事は無く、どのバージョンも同じファイル名だったりします。
上書き保存のダイアログが出る場合「あ、既に入れたっけ?」と勘違いしやすいのでご注意を。


とにかく、起動しないという場合は、上記4つのランタイム群を入れなおして下さい。
今回、少々導入が面倒と思うでしょうが、それだけの価値があるアップデート内容です。
詳しい遍歴はReadmeを読んでもらうとして、機能増加などについては以下の通りです。

外部からのプラグイン実行機能をデフォルトOFF。
プラグイン更新(VME/VMD関連)。
多段ボーン/中間ボーン作成機能。変形機構にスケール値追加(TransformView)
変形状態のアーカイブ保存
剛体位置を絶対座標管理に変更(同プラグイン内:一部の既存プラグインが正常に動作しなくなる可能性あり)
拡張モデル形式(PMX)対応。材質編集欄一部変更(面頂点数編集不可/エッジ影指定をチェック形式)
内部構造の一部簡素化
外部プラグインの直接実行(機能制限大)
VMDViewにVME実行モード追加(プラグイン/スクリプト内から使用可能)
一部のファイル構成変更
CSScript環境対応(スクリプトコンパイル対象は.NET4のみに変更/ManagedDirectX関連はアセンブリ参照から除外)
CodeScriptをCSScriptへ変更
。プラグイン更新(VMD関連)
プラグイン更新(VMD関連/VMDView呼び出し可能他)。CodeScriptに登録単語での補完機能追加
プラグインにSlimDXへの接続クラスを追加。PmmSplitterをプラグインとして内部実装
アーカイブ(一時保存)機能(本体/表情編集)
拡張編集(頂点-面貼り/(系列)ボーン/(系列)剛体/Joint)
XモデルのEmissiveをAmbientとして変換可能。インポート/エクスポートメニュー変更。選択ボーンからのIK半自動作成他
押出機能。ナイフ機能
表示設定項目追加(3タブ化)。ワイヤー系表示追加
4画面モード(追加3画面はパースOFF/方向固定)。ツールアイコン追加等
スペキュラ反射係数を変更(従来比2倍)。パースOFF(正射影)表示
不具合修正他

という感じです。個人的にこれはデカい機能と思われるものを太字にしてみました。
Editorというだけあって、編集機能はかなり大幅なアップのされ方です。モデリングソフトにかなり近い形になりつつありますが、あくまでも修正メインでのインターフェースでしょう。

また機能拡張系が凄い事になってますね。
まずコードスクリプト系ですが、ちょっとコード書けるのであればもうやりたい放題(もちろん制限あり)となります。
その代り、従来からのスクリプトやプラグインは場合によって正常動作しないものもありますので、更新が必要となるものもあるでしょう。

さて、今回はPMD Editor独自のフォーマットが出てきてます。
・VME
・PMX
です。
PMXはPMD Editor独自のフォーマットとなり、MMDとの互換はありませんが、材質データをはじめとした加工に必要なものを一緒くたにしたものとなります。
従来のPMDデータに付け足されてるものなので、もちろん従来のデータは全て入っています。
現在の所、MMDでこのフォーマットは対応していません。
PMD eXtend の意味です。

VMEも同じく拡張ですが、この辺りは
\_plugin\CSScript\SampleScript
辺りを適当に弄ってみるといいかもしれませんw
というか、私にもまだ詳しくわかりません。

インターフェースは少し変わったものの、基本的には0.0.6.3よりも使いやすくなったので、従来の使い方も出来るのでバージョンアップをお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。