スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Silence HD版

世界に広がる仮想歌姫「初音ミク」 新進クリエーターに迫る(朝日新聞)
という事で、このYouTubeにある動画にて拙作を紹介をして頂きました。

Tripshots氏の作品と並ばせられるというとっても過酷な状態だと知らされたので、なんとか頑張ってHD化してみたのです。
丁度良い時期にMMD Ver4.0とミクVer2が出たので、Silenceもバージョンアップ。

・MMD Ver4.0によるHD出力
・ミクVer2へのモーション移植
・モーションの微修正
・カメラワークをHD用に変更
・ステージの照明を加算合成へ変更
・質感調整

という感じです。

■HDについて
いわゆるフルHDですと1920x1080サイズの事を言うのですが、残念ながらウチのデスクトップ環境ではそこまで出ないです。デスクトップ最大が1600x1200なのでね。この辺り、古いCRTを使ってると出てくる問題ではありますw
ワイド液晶ユーザーの勝利ですな。買い換えてぇw

なので仕方ないのでワンサイズ小さいHDである1280x720にて出力。
一度これの倍角である2560x1440でテスト出力したのですが、やはりソフトレンダリングとはいえブローアップになるので綺麗には出ませんでした。
なので、1280x720まんま出力してやってます。

Ver4からソフトレンダになったので、そのままでも綺麗に出るようにはなりました。
圧縮コーデックはUt Video Codecを使用。
MMD Ver2時代では26分割で非圧縮出力(だったかな?)でしたが、Utのお陰もあり6分割ですみました。このサイズなら2600フレームで1.8Gくらいです。

■モーション移植
ミクVer1とミクVer2は同じモデラーさんのデザインではありますが、やはりスレンダー化してる部分もあるので、若干モーション表現が変わります。
ほぼそのままでも行けたのですが(スカート除く)、やはり腕と手の変更が大きいのでその辺りは修正しました。
どのモデルでもそうですが、やはりボタン一個で変換は無理ですねぇ。
ちなみにスカートは普通に移植したらパンチラ率が2倍に跳ね上がりましたw

残念ながら作業時間もそんなに無かったので捻りボーンを使用した肩・腕の修正までは出来ませんでした。
これは次回作で使ってみようと。

■カメラワーク変更
元々は4:3でサイズを切っていたので、当然16:9になると観客席側へのバレが多くなったり意図しないサイズになっちゃいますのでこれは結構修正。
ついでなのでVer2にはなかった画角変更による演出も付け足しました。
また、自分で見ても酔うようなカメラワークだったので、若干緩くw
YouTube見てから気付いたのだけど、何箇所かカメラの曲線補間を弄るのを忘れてた…。
まぁご愛嬌という事で。

■照明変更
これは単純に照明アクセを加算合成+順番入替えにしました。なので光源部分が若干ハイキーになってますね

■質感調整
先方にお渡ししてブローアップされても大丈夫なように若干ボカした感じのエフェクト、ついでだから今までのノウハウを生かした質感調整してみました。
ちょと淡くしすぎたかなぁと反省中。
基本は前回のエントリのような調整です。
ガンマカーブを弄り、グローを若干付けて、画面のコントラスト配置をつけるレンズアイリス的なグラデーションを乗算合成。
曲のテーマである月が若干見づらくなってしまったのは反省点。

■もちろんフルコーラス
最終的には非圧縮で8.5G。それをQuickTime DVCPRO/DV Codecに圧縮して1.8G。
(Windows上での不安定さを除けばQuickTimeのCodecは実は優秀だったりします。綺麗だし)
ネットストレージ経由で先方へ納品。
すごい時代になったもんだw

という感じでございます。
H.264にエンコするのが面倒でほったらかしですが、ほとぼり冷めた辺りでどっかにうpするかもね。

最後になりますが、
NAYUTAさん、shu-tさん、樋口さん、あにまささん、有難うございます。
私のした事といえば出てきたご飯にふりかけ掛けたようなもんですw
そして朝P、まだ色々大変でしょうが頑張って下さいw
色々と奔走して頂き、本当にありがとうございます。
クリプトン・フューチャー・メディア社の皆様、許諾頂きありがとうございます。

勿論、ぱんつは縞を履かせましたよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Silence HD版と聞いて飛んできてみた

とうとうsilenceもマスメディア進出ですねw
昨年の6月の衝撃が思い出されます。

今回はクリエーターとしてのかんなさんの紹介でしたが、次はMMDcupなどのプロデュサーとして紹介されてることを、個人的には望んでいたりもします。
昨年の6月にこちらにコメントした時、かんなさんは「MMDのポテンシャルはこんなものじゃない」とおっしゃっていましたが、確かにこの間のMMDの進化は瞠目するものでした。

MMDの、そしてsilenceの一ファンとして、改めてかんなさんに感謝申し上げます(もちろん樋口M、あにまさ氏 なゆたP・shutPにも)。

乱文にて失礼いたします

HD版は是非zoomeに!

私も勿論縞を履かせて頑張ってますw

れす

>>つ さん
残念ながらフルはまだ未公開です。

>>獣道初段さん
残念ながらかんなの中の人に面白味はありませんw
MMDはコミュとしての面白さだと思うのでねぇ。
人が増え続けているので、今後も色々新しいものが出てくるかと。
私ぁ老いるだけです、ごほごほ

>>まめQさん
やっぱ縞だよなっ!?なっ!?
プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。