スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GlobalとLocal、捻間接について

さて、メジャーバージョンアップとなるVer4が出た訳ですが、その中でも大きな変更点としてボーン操作と構造が、従来のものを継承しつつ変更がなされたという点ですね。
大体弄ってみれば分かるとは思うのですが、一応説明を残しておこうかなと。
この説明は知識があってではなく、弄ってみて自分なりに解釈したものなので間違いがあるかもしれませんので、その点を踏まえてご一読下さい。

■Global操作とLocal操作
他3DCGソフトなどで慣れている方は待望だった操作方法らしいです。
私ぁそんなに詳しくないので、どれだけ在り難いかは体感するまで分かりませんでした。

さて、まずどこを操作するかというと、右下にあるボーン軸操作アイコン部分ですね。
Bone1 Bone2
「global」や「local」と表示された部分をクリックすると、交互に切り替わります。
通常、何もしてない状態であれば「global」が選択されています。
globalモードは従来通りの操作方法です。

さて、ボーン操作を行う時に、今までは
Bone3Bone4
このようなボーン操作リングが出ていたと思います。
Ver4では、
Bone5
ボーン軸操作アイコンの軸上にマウスを持っていくと、リングにプラスされて対応軸表示がなされるようになりました。
Bone6
現在はglobalモードになっています。
globalモードというのは、XYZそれぞれのゼロ方向が常にワールド設定(MMDの座標軸設定と必ず同じ方向)となっています。
これに対し、localモードというのは、
Bone7Bone8
ワールド座標ではなく、接続された一つ前のボーン(肘なら腕、腕なら肩)などに状態によってゼロ方向が変わるというものです。
試しに初期状態のポーズから、肘を選び、ボーン操作をlocalモードにしてX,Y,Zそれぞれをアイコン側で操作してみてください。
(ボーン操作リングの方の動作は、globalでもlocalでも同じ動きになります。リングは基本的にカメラから見ている方向に対して操作を行うことになっています)
Bone9
Y軸を動かすと分かりやすいですが、肘から手先の方向に向かってかならずX軸(赤線)が向いていると思います。

これがglobalとlocal操作の違いです。
内部的には従来通りの処理がなされており、globalとlocalの操作違いで動きが変わるという事はありません。
では、どういう時に便利かというと、
指を徐々に折り曲げたり(指1→指2→指3)といった時に迷い無く曲げられるようになったりとか、捻りをさせたい時、させたくない時などはglobalよりlocalの方がやりやすい場合もあります。
この辺りの操作方法は慣れの問題もあるので、globalのままでも問題はありません。
ですが、他ソフトなどに移行する場合など、local操作にも慣れておくと便利ではあります。
最初は戸惑うかもしれませんが、3軸表示(最初は邪魔かと思うでしょうが)はかなりありがたい変更であります。
この軸表示のお陰で無理な捻りなどが解消される場合もあるでしょう。

■捻間接
Ver4に付属している初音ミクVer2に装備されているボーンです。
まだこの付属モデルでしか実装はされてませんが、PMD EditorもVerが0.0.2.1にアップされて捻ボーンの実装はユーザーでも可能になっています。

このボーンは特殊なボーンとなっていて、今の所、左右の「腕捻」「手捻」の計4ボーンがあります。
そしてこの4つのボーンはX,Y,Z、どの回転を行っても同じで、上記のglobal・localの影響も関係ありません。
文字通り、捻りのためだけに存在するボーンです。
従来でも腕ボーンや肘ボーンで捻りらしい事は出来たのですが、動作補間時に無理な体勢になったりする事もありました。
ですがこの捻りボーンを使う事により、より人間骨格に準じつつも器用な動きを表現することが出来ます。
肩を上げて相手の頭をぺちぺちやる動作など、従来であれば肩から動いてしまっていたのですが、捻りボーンを使う事により、肩の動きを小さくしたまま腕を動かすことが出来る、など。
これは使い方次第ではありますね。
本来、腕も肘も骨は2本の組み合わせで出来ていますから、従来の1本だけのボーンより、多彩な表現が可能になっています。

■おまけ、ではないものの
その他のVer4の変更点として
・AVI出力時の描写スピードを犠牲にして高画質化を図っている
・screen.bmpの解像度が256x256から512x512にアップした
の2点がありますね。
現在、AVI出力ではATI系(RADEONシリーズ)のグラフィックカードを使っている人はアルファ出力の部分で何かしら問題が出る場合があるらしいですが…。
screen.bmpの変更は、従来のギザギザが好きだった人には残念なお知らせかもしれませんw
背景AVIを使う人には若干注意が必要ですね。

ああ、一つ大きな変更点を忘れてました。
・ミクVer2は、やや大人びたもののおっぱいは小さくなりました。
決して小さくはない大きな変更点ですね。
(もちろん、従来モデルもそのまま使えますのでご安心を)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 間接設定

コメント

非公開コメント

わかりやすい解説ありがとうございます。
3軸表示はかなりわかりやすくて有り難いです。

※ミクVer.2は。。。胸がぁ。。。。

Re: タイトルなし

最初は戸惑いますが、Localにも慣れてくると便利ですね。
私も慣れるまではちょと時間かかっちゃいましたが…

> ※ミクVer.2は。。。胸がぁ。。。。
元々大きい子じゃありませんw
プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。