スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MMD Ver6.2xシリーズ

バグフィックスが落ち着いてからと思ったのですが、どうやら落ち着きつつあるようなのと、一気に書くのも大変なのでここら辺りで。
まずは恒例のreadme.txtの抜粋から

Ver.6.22(2010/ 1/26)
・フレーム窓下のスクロールバーの矢印を押すとカメラ距離が動くバグ修正
・別窓時アイコン操作時に異常な動作をするバグ修正
・アクセサリ窓Tr値決定条件修正
・フレーム窓ドラッグ選択時、範囲に入らない部分の選択解除機能追加

Ver.6.21(2010/ 1/26)
・フレームドラッグ中に落ちるバグ修正
・別窓表示中にウィンドウサイズ変更すると画面表示がおかしくなるバグ修正
・別窓最前列表示機能追加

Ver.6.20(2010/ 1/25)
・セルフシャドウの設定値をフレーム登録する仕様に変更
・アクセサリの透明度を設定できる仕様追加(フレーム補間されます)
・フレーム窓をドラッグ選択できる仕様追加
 1.すでに選択済みのキーを解除したくない場合はShiftキーを押しながらドラッグ
 2.ドラッグ範囲内のキーは全て選択
 3.Shift+Ctrlを押しながらドラッグすると範囲内のキー全て選択解除 
  (以前からの仕様 Shift+クリック:選択追加。すでに選択済みのキーの場合は選択解除)
・別窓機能追加(『表示』メニュー内。これに伴い"P"キーに再生機能追加)


という事でかなりの機能強化となり、更にUI周りもかなり便利になっております。
年末辺りではこの辺りも含めてVer7になる予定だったのかもしれませんが、かなりな更新内容にも関わらず、まだVer6シリーズなので先が怖いですねw

まずはUI周りから。
V622_01
Ver6.2xからは画面構成が変わりました。
V622_02
まず目立つのは、補間動作設定部分がパネル化され、フレーム操作窓とは分離されました。これによりフレーム操作窓の大きさとは連動しなくなり、余分なスペースを取る事がなくなります。
ノートやデスクトップが狭いユーザーにも優しい設計となりました。

次に別窓表示機能です
V622_03
ご覧のように、メイン3D表示部分がセパレートできるようになりました。
これにより、フレーム窓を大きく広げて作業が出来るようになります。デュアルモニタユーザーには朗報な機能です。
コピー&ペーストもこれでかなり楽になると思います。
操作は「表示メニュー」から行います。またこのメニューには「最前列表示」設定もでき、常に3Dビューが前面表示とする事も出来ます。
V622_04
ビュー画面の「×」ボタンでウィンドウを閉じるか、同じくメニューから再度選ぶことにより、元に戻ります。

次に操作系です。
フレーム選択がマウスドラッグにより範囲指定できるようになりました。
V622_05
これで画面内にあるキーフレームの複数選択が楽になります。特に指周りなど、必要な部分を3Dビューではなくフレーム窓側でも選択できるので効率が上がります。
何も無い所をクリックすれば選択が解除され、Shift+Ctrlキーを押しながら範囲を決めると、その範囲分だけ選択解除されます。
何気ない変更ですが、これは重宝します。

次に効果機能系です。
V622_06
まずはアクセサリ関係です。
ご覧のようにアクセサリ操作系が増えています。
表記が変わってますが「Si」値はアクセサリの大きさです。標準は「1.0」で、0.5で半分、2.0で倍の大きさとなります。これはフレーム登録する事により記録され、動画中で大きさ変更する事が出来ます。
次に「Tr」ですが、これは透過値の設定です。
標準は「1.00」で、0.5にすると半透明化します(1.00以上の値は指定できません)
V622_07
当然、半透明になっても後ろ側が透ける訳ではないので、若干設定が必要となります。
V622_07
アクセサリやテクスチャなどの設定によっては0.5などに設定しても半透過にならなかったりするので、こういう場合はxファイルを書き換えるか、メタセコイアなどで設定を変更する必要があります。
V622_08
また「アクセサリ」→「編集」にて各アクセサリの順番などにも気をつけて下さい。

次にセルフシャドウ関係です。
V622_09
シャドウのオン・オフ、モードの変更、シャドウ距離がキーフレーム登録できるようになり、近影・遠景それぞれを別プロジェクトにする必要がなくなりました。同じプロジェクト内でそれぞれに対応した設定が出来ます。
近影では、モード2の距離1,500、遠景ではモード1の距離8,500など、使い分けてみるといいでしょう。
設定は、「表示」メニュー→シャドウ設定で、ダイアログが出ます。
V622_10
設定を変えたら登録ボタンを押してください。現在のフレームに、
V622_11
「セルフ影」という項目のキーフレームに追加されます(カメラ・照明・アクセサリモードの時)

こんな感じです。
Ver6.10で付いたセルフシャドウの説明はしていませんが、見た目で弄ってみれば分かると思いますので割愛させて頂きますw
このバージョンでセルフシャドウがキーフレーム設定出来るようになったので、距離やモードの設定に悩む必要もなくなったので…。

キーフレーム編集機能強化、UI変更、アクセ編集機能強化、シャドウ関係強化とてんこもりなので、是非とも最新バージョンをお使い下さい。
スポンサーサイト

第4回MMD杯 予選参加ありがとうございます


そんな訳で139作品もの参加、ありがとうございます!
見る方は大変かもしれませんが、これはまだ予選。
本選がどうなるかは、既に未知数になっております。
マイリスト投票期間は1月29日21時までですので、ゆっくりご覧になって動画への応援などよろしくお願いします。

第4回MMD杯 開始!


というよことで、遂に第4回MMD杯開幕となります。
まずは予選!
予選参加動画はこちらのマイリストか、大会Wikiへ!
http://www.nicovideo.jp/mylist/17234152
MMD杯@Wiki

ニコニコするために

という事で蝉丸Pの記事。
坊主めくり:大会議・法話補足
(蝉丸Pのブログ)

ニコニコ運営が解せぬカテゴリ改変などを行っても、元から難民なMMDユーザーにはどこ吹く風。「?」マークを浮かべながらも春先の縁側に居る猫のように動じない事が大事かなとふと思ったり。
そうそう、エントリの話ですね。

MMD杯の予選がもうすぐ始まる訳ですね。
毎回閉会時には「動画の優劣を決めるものではない」という一文を入れてますが、MMD杯は杯を賭けたマイリス数を基準としたポイント制の競争という側面もあり、ここ矛盾があります。
楽しむだけだったら祭りでいいんでね?
競争させるならもっと厳密にしてマイリス数以外での受賞とか無しにしろ
など、色々意見があるかもしれませんが…
祭りの側面と競争の側面を合わせ持った、非常に中途半端なイベントがあってもいいじゃまいか、とw

人の動画を見て楽しむのもあり、人の動画から何かを学んでもよし、人の動画から何かを感じ取ってもらいたいという願いはあります。
その結果が次の大会やイベント、もしくは自分で制作する作品に反映され、より本来表現したいものに近づいていくというのは楽しい事ではないかと思うのです。

特にMMD系の動画はよく動く所為もあるのか、なかなかコメが付かない場合もあります(CA職人の入る隙間が少ない)
作り手としてはコメントの内容は「どう受け止められているか」の指針になります。なのでやはりコメントは欲しい。
見る側としては再生数やマイリスト数で見る場合もあるが、やはりニコニコ動画での特徴であるコメントが賑わってるかどうかで、見る「気分」も変わってくるでしょう。
コメントは双方にとって重要な要素であるのは語るまでもないのかもしれませんが…。

まぁ何せ作り手側にダイレクトな「言葉」が投げかけられるようなメディア上でのシステムは殆ど無かった訳ですから、これをどう捉えるかというのはまだまだこれからの課題なのかもしれません。
そういった意味では熱心な仏教徒ではない私にしても、この蝉丸Pのお話はなかなか興味深いものがあります。
再認識させられたというか。
楽しんだほうが、断然お徳な訳ですね。

MMD杯でも色々なコメントなどがつくことでしょう。
もしかしたら全体的に前回よりも再生数など、数値も落ち込むかもしれません。
ですが少なくとも、MMDユーザーやMMDファンの方には純粋に楽しんでもらえるようなイベントになればと思っています。
もちろん、MMDを知らなくても楽しめるのであれば、それもまた喜ばしい事。
MMD杯が全てではありませんが、MMD杯をやるたびにMMDの動画を知る人や作る人が増えたのもあります。
理想論ではあるものの、「お祭り楽しいネ!」が純粋にできればいいなぁ、と。

「宗教」というと人それぞれイメージが違うでしょうが、元々は人が上手く生きる(活きる)為の方法を模索するためのものと私なんぞは考えています。私ぁ無宗教ではありますがw
まぁイメージ云々を差し引いても蝉丸Pのブログは面白いので、ご覧あれ。

MMD動画、初のミリオン達成動画


という事で、遂に細かすぎPの作品が殿堂入りなさったようです。
いやはや、感慨深いです。
この頃はまだVer2世代の動画であり、動画の中にはリンも出てきますがこれは後合成でやっているというものです。
細かすぎPの動画の由来でもある総集編ですが、元々は単品で出されていたネタもあります。
その頃はまだそんなに動画も伸びませんでした。
ですが、その後の作品もP名の通りモーションにもかなり気を配っており、かなり細かい動作をさせている人ですね。
是非ともマイリストなども巡ってみて下さい。多才な方です。

こういう作品もあるからこそ、MMDの発展があったんだなと。
もちろん、他にも楽しく素敵な作品は山ほどあります。
是非とも巡ってみてください。

意外と知られて無いMMDの機能など


ふと思い立って作っちゃいました。
同じような内容はVPVP Wikiにもあったりするのですが、動画にしてみたのです。
まだ他にもちらほらとはあるのですが、それはまた別な機会などで。

年明け一発目の動画アップ(RANKIN'MMD)


という事で、今年もご愛好のほど宜しくお願いします。

結局、去年一年は趣味も波乱に満ちていましたし、ランキングも波乱に満ちています。
何作品かは連続ランクインを果たしていますが、ほぼ入れ替わりとなるランキングですね。
週間と違い、月間での集計はそうなりがちではありますが、ネット上での流行などの早さが顕著に現れてますね。

MMD動画もまもなく1万動画。
特に2009年はものすごい多くの動画が出てきましたね。
今年も楽しみです。
プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。