スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MMDユーザーの為のAviUtlフィルタ活用2

さて、続きです。

まず、色調補正・拡張色調補正を説明する前に、前提をお話します。
モニターはCRTタイプ(ブラウン管タイプ)と液晶では発色が違います。これは分かりますね。
またメーカーによっても発色が違います。これも分かりますね。
そして、グラフィックカードもメーカによって発色が違います。

特にメジャーどころでいう、RADEON系・nVidea系は大きく差があります。
これは文面ではなかなか説明し切れません。
分かりやすい違いでひとつあげると、黒の発色です。
「え?黒は黒だろ?」という方もいらっしゃるでしょうが、黒の色というか黒の濃さ(明るさ)が若干違います。
nVidea系は黒が締まっており、比較的濃い黒となっています。それに対しRADEON系は黒が若干明るくなっています。
なので、RADEON系で画面を暗く作ってしまうとnVidea系ではまったく見えなくなり、逆にnVidea系で分からないくらいに暗く作ってもRADEON系では見えてしまうという現象があります。

モニターとグラフィックカードの設定を厳密に微調整すればこういう事は無くなるのですが、そこまでするのはプロユースくらいで、一般ではほぼ購入時のままだと思われます。

さて、これらを前提をしてフィルタの説明に入ります。

【色調補正】
文字通り、画面の色調を調整するものです。
MMDではそのままの色調で使う事が多いですが、ここを弄ることによって独自性を出すことが出来ます。
あえて古めかしい感じにしたり、テレビメーカーもびっくりなビビットカラーにする事も出来ます。

<明るさ>
明るさ、とは書いてますが、これは黒の明るさです。値を上げると黒い部分が白っぽくなり、値を下げると黒がどんどん沈みます。
もちろん、黒の部分だけでなく全体に影響します。
ヒストグラムを見てもらえば分かると思いますが、黒を基準としてレベルを上げるか下げるかという幹事なります。
なので前提でお話したRADEONとnVideaそれぞれの特徴に合わせて調整する必要があります。

<コントラスト>
よく明るさと勘違いしている人も居たりしますが、これは低いレベルと高いレベルの差をどれだけ広げるか、という調整です。
プラスの方へ持っていくと、丁度中間の部分を基準として差は広がり、暗いところはより暗く、明るいところはより明るくなります。
当然、0を下回ったり255を超えた部分はそれぞれ黒や白に変わります。
マイナスへ極端にもっていくと、グレーになります。

<ガンマ>
これをまともに説明するとなると、また別のカラムになってしまうので簡単に。というか私もそんなに詳しくないですw
簡単に言うとレベルの平均地点をずらすという感じです。
弄ってみれば一目瞭然であるので自分の目でお確かめ下さい。
設定が比率じゃなく値なので、ちょっと慣れが必要かもしれません。

<輝度>
これが本来でいうところの画面の明るさです。
黒(0)を基準として一番明るいところをどこに設定するかというものです。
当然、低くすれば暗く、高くすると明るくなります。

<色の濃さ>
文字通りです。

<色合い>
色をズラします(または回転させるとも言う)
AviUtlでは一回転まではいきませんが、色調整を行うことが出来ます。

さて、これらの設定がエンコードに及ぼす影響ですが…
ヒストグラムを見ると分かると思うのですが、明るさ・コントラスト・ガンマ・輝度をそれぞれ調整することにより、一部の情報を削る事が出来ます。
明るさ・コントラスト・ガンマを下げ、輝度を高くすることにより、低レベルの情報・高レベルの情報の一部が削られるのが分かると思います。
画面は褪せた感じがしますが、情報が削られた事により余計なデータが無くなってエンコードの速度が出たり、画素が綺麗になったりもします。

制作者自身はついつい元の素材を見てしまっているので劣化したような感じになりますが、アップロードなどをして他の人に見せた場合、元素材を見てないので比較できず、「元々こんな感じか」と、制作者本人が思ってる以上にすんなりと受け入れられるものでもあったりします。
この辺りはバランスですね。

【拡張色調補正】
基本的には色調補正と同じなんですが、設定項目が違います。
Y(輝度)を初め各カラー調整(Cb/Cr・RGB)となっています。
そしてそれぞれに、offs(オフセット)、gain(ゲイン)に分かれています。
これらは文字で説明するより触った方が理解が早いでしょう。
色を大幅に変えたい時などは、こちらの方がより動かしやすいです。

その他にオプションとして「RGBの同期」「TV->PCスケール補正」「PC->TVスケール補正」などがあります。
MMDユーザーとして使うのは、一番したの「PC->TVスケール補正」です。
RGBなどの画素データ量は、テレビよりもPCの方が幅が広いです。PCの画面の方がTVより綺麗な理由の一つでもあります。
なので、このスケール変更は、データ量を削る時に有効になります。
先述の色調補正でもあったように、低レベルと高レベル部分の信号をこのオプションを使う事により一発で削る事が出来ます。
これまた若干褪せた感じはしますが、何かをキャプチャした動画と比べてもそう大きな差は出てきません。
動きも激しく、画面のディティールも細かい、エンコードしてみたら荒れて荒れて仕方ないという時に使ってみるといいかもしれません。
またY(輝度)のオフセット・ゲイン共に同時に調整してみるのも手です。


この辺りの設定は恒常的なものではなく、作品ごとに変えていった方がいいものですので、一概にコレ!といった設定方法はありません。
色々と弄ってみて、自分の望む質感に変えてみてください。
特に色調補正などはかなり有効です。
若干変えるだけで、世界観が違って見えたりするのでチャレンジしてみて下さい。
スポンサーサイト

tag : AVIUtl エンコード

MMDユーザーの為のAviUtlフィルタ活用

気がつけばもう年末ですね。公私共に忙しくなる季節でございます。
そういう時期だからこそ、時間は有効に使いたい。エンコードで時間を食われるのは苦渋ですね。
ニコエンコなどを初めとした楽ちんエンコードソフトもありますが、やはり画質や仕上げにこだわりたいという人向けに、ちょこっとだけAviUtlのフィルタについて説明したいと思います。
エンコードそれ自体が早くなったりする訳ではないのでご注意を。またMMDユーザー向けの説明ですので、他動画での汎用性がある説明ではありません)

【ノイズ除去フィルタ】
ノイズというのはホワイトノイズと言われるようないわゆる「砂嵐」だけではなく、ある座標のデータとその隣にあるデータが元々はまったく同質なのに、劣化などで情報が若干違ってしまうことを指したりもします。
実写系だと情報量が多いのと、非圧縮・非劣化情報というのが現在では存在しないので(地上波デジタルも圧縮されている)ので、こういうフィルタは必要になります。
ですが、非圧縮・非劣化の情報を吐き出せるMMDではこれは殆ど必要ありません。
実写系との合成や、ニコで拾った動画を背景にしてる場合などは、ゆったり目に入れておくといいかもです。
強度は、フィルタの掛かり具合。範囲は目標点周囲のどれだけに影響させるか。しきい値はどのレベル(RGBレベル0-256)から掛け始めるか、という感じです。

ヒストグラムなどを見れば分かると思いますが、見た目の効果としては周囲のドッドと馴染ませるという感じになります。画面では、若干ボケが掛かったような表現になります。
ディティールの細かい遠景だけぼかしたいという時に使う事も出来ます。
また逆に、MMDはかなりクッキリした画質なので、敢えて馴染ませる意味を含めてこのフィルタを演出的に使う事も出来ます。

【ノイズ除去(時間軸)フィルタ】
基本的にはノイズ除去ではあるのですが、それを時間軸、つまり目的ドットの周囲ではなく、目的ドットの-1・+1フレームなど時間軸に対してノイズ除去を行うフィルタです。
これもまた、MMDではほとんど使わないフィルタです。
画面のチラつきなどを押さえたい場合に使用します。
(インターレースによるチラつきとは別なので注意)

【シャープフィルタ】
文字通り、画面をくっきりさせたい時に使用するフィルタです。
これもMMDでは使用頻度が低いです。
繰り返しますがMMDはDirectXの画像がそのまま出力されるのでテレビ以上にはっきりと出ますし、何より劣化がありません。DivXやWMVなど非可逆圧縮にて出力した場合は、これに当てはまりませんが…。
それでもこのフィルタは強力で目に見えるほどシャープになります。細かい描写を出したい時には有効ではあります。

が、当然情報量も増えてしまい、エンコード時には時間がかかる場合があること。また、画面全体の動きなどが激しい場合、逆にエンコード後の映像は荒れてしまう原因になりえますので、使用には注意を。

【ぼかしフィルタ】
文字通り、画面をぼかすフィルタです。
設定の上限値・下限値を弄ることによって画面を馴染ませることが出来ます。
よく分からない場合は、上限値をMAXにしたまま、下限値だけを弄ると分かるかと。
どちらかというと演出効果向けですね。
実はこのぼかしフィルタ使うなら、ノイズ除去フィルタ使った方が面白い感じになったりもします。

【クリッピング&リサイズ】
これも殆ど使う事はないですね。
指定サイズに対して画像を伸縮させる機能です。
あえてアスペクトを変更したい時などは使うものではあります。

【縁塗りつぶし】
画面の端を黒で塗りつぶしつつ、画素数を変更する時に使います。
プラス方向で画面を削り、マイナス方向で画面サイズを拡張していきます。
後述の黒ベタ追加フィルタと似てはいますが、若干機能が違います。

【色調補正】
【拡張色調補正】

これらについては、次のエントリーで説明します。

【音声の位置調整】
音声開始位置のトリミング(微調整)を行います。
プラス方向で後ろに、マイナス方向で前にずらすことが出来ます。
全体的な調整となるので、途中からの微調整は出来ません。

【音量の調整】
文字通りボリュームを弄ります。
プラスで音量増大、マイナスで縮小させます。余り大きくしすぎると音割れの原因となるので、メイン画面での波形が枠を超えないよう気をつけて下さい。

【音量の最大化】
実はこれ、私も良く分かってないのですが、出力時に音量を最大化してくれるらしいです。
出力してみれば分かるというやつですね。

【黒ベタ追加フィルタ】

縁塗りつぶしと似たような機能ですが、若干異なります。サイズ変更時はこっちのフィルタが推奨されているようです。
これは、例えば512x288の動画を512x386に直したい場合などに有効です。
この場合は、上下ともに「48」の値を持たせる事でアスペクト比を変える事なく画面サイズ自体を変えられます。

【lanczos 3-lobet 拡大縮小】
これは標準プラグインではありませんが、MMDユーザーなら必須ともいえるプラグインです。
標準のものでも拡大縮小は出来るのですが、このプラグインの優秀な所はCPUのパワーを有効に使い、処理スピードアップ・画質が綺麗という特典があるのです。
機能としては文字通り、指定した画面サイズに変更するものです。
オプションとしてCPUの機能が選択できますが「SSE2実数」でほぼ問題ないかと。

【画像回転】

FLVでかつmencoderなど他ソフトを使うならともかく、AviUtlから直接FLV(VP6on2)やh.264出力するならほぼ使わないでしょう。
FLVで他ソフトにてエンコードを行う場合、は上下反転などは使う事があります。

tag : AVIUtl エンコード

MotionConverter

Yumin Space
http://yumin3123.at.webry.info/

さんにて「MotionConverter」が公開されています。
これは、ミクで作ったモーションをネルやハクといったキャラ、またはねんどいろタイプのキャラなどにもモーション適用させるソフトです。

各モデルは体格や大きさなどが違い、モーションデータvmdをそのまま読み込める事が出来るものの、各ポーズが若干違っていたり体に減り込んだりとなってしまいます。
その問題を一挙に解決してくれるのがこのソフトです。
一度お試しあれ。

残念ながら、例えば手に何かを持たせている場合などは、完全に元のモーションのように綺麗にはいきませんが…。
あと、ダミーボーン付きモデルなどで仕様すると異常終了しますのでご注意を。
ダミーボーン付きのモデルで作成したモーションでも、ダミー無しの元モデルを使用すればいけます。

物理エンジンといい、Yuminさんのサイトは要チェックですよ。

MMD Ver3.21 リリース

ほんとMMD界はもの凄いスピードで進化し続けますね。
日本は本当に大丈夫でしょうか?w

そんな訳で先ほどMikuMikuDance(Multi-Model Edition)のVersion 3.21を確認しました。
変更点は以下の通りのようです(付属readme.txtより抜粋)

Ver.3.21(2008/11/8)
・フレーム窓コピーボタンのモデル間での不具合修正
・地面影の明るさ調整機能追加(「表示」→「地面影色設定」)
MMD321-1

一つ目の修正はコピーボタン機能のバグフィックス。
MMD321-2
ここのことですね。
というか、不具合に気付かずにずっと使っていました。
どうやらモデル間(ミク→ネルのような)やり取りの時に不具合があった模様です。
(フレーム窓でコピーボタン使うと、モデルをタブで切り換えたときに反転ペーストができるのになぜかペーストができないという不具合)

二つ目は機能追加。影表示機能が強化されました。
MMD321-3
プルダウンメニューの「表示」→「地面影色設定」を選ぶとダイアログが出てきます。

MMD321-4
で、このスライダーで調整が出来るわけですね。
ためしに、影を1.30に設定すると…

MMD321-5

影が薄くなりました。
数値を高くすると薄く、数値を低くすると濃くなるようです。

影表示は何気に便利だと思うので利用してみてください。だいぶ雰囲気が変わります。
残念ながら透過はしません。
MMD321-6

連休はほんと恐ろしいぜ

MMD3.20のリリースについて記事を書こうと思ったら、既に利用されている方も多いようなのでもういいかなとw
ここに来られる人は全てご存知かと思いますので。

なので、今日は久しぶりに動画紹介など。
ちょっと長いです。


shu-tPの新作。曲も動画もスゴイです。そしてMMDも使用してのゴージャスなものとなっています。
ご本人にお聞きした所、Ver3を使用しての動画だそうで。
しかしほんと、多才な方だよぅ


ラジPの新作。さっそくネルで躍らせたオリジナル振り付けの作品。
いやぁもう可愛いのなんの。ミクがちょっと霞んでしまうくらいネルが可愛い。
独特なステップで魅了させてくれます。


くつしたPの新作。こちらもネルを躍らせたオリジナル振り付けの作品。
しかも名曲であるワールド・イズ・マインのMMD作品。
くつしたPも独特な振り付けをされる方で有名ですね。もうほんと「女の子」した踊りが見れます。


fillerさんの新作。アゴアニキPの曲「サルでもわかる」のPVです。
この曲でPVというのも驚きですが、内容も驚きです。放映されているような本格的なPV構成になっています。
MMDのポテンシャルや、Wikiのアクセサリをフル活用した動画ですから、これは必見かも。


動画上がりすぎてて把握し切れてませんw
MMDユーザーの皆さんは、やはり普段からちょこちょこと作ってる方が多いのだなと実感しました。

RANKIN' MMD 10月号



あっという間に月末でございます。
今回は前準備がばたばたして慌てて仕上げた感がありますが、内容はいつもどおりですw
MMD体育祭の公式動画こそ除外させて頂きましたが、参加動画は含めた状態でお届けしています。
そしてまた今回も単月殿堂入りを果たしている動画もありますのでお楽しみ下さい。

続きを読む

プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に脳内変換してください)
【FaceBook】上記アドレスか、ID「kanna3939」で検索を

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Ask.fm
MMD関連の質問や生放送で読んでほしいお便りとか、ネタとか色々受け付けているかもしれません。
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。