スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDDの残量がぁ…

出来上がった後の動画用素材はバックアップするか捨てるべし
素材だけで50G近くあったyp!
今日の一枚5
↑アレ、履き替えさせました

今日もちまちまと振り付け。
折り返しまでもう少しだとはいうものの、あと30秒近くもある。
既にパトラッシュが来そうで怖いw

今まで使った事の無い機能を今日は使ってみた。
とはいっても拡縮だけw
全てのキーフレームを移動させる事が殆ど無い為にこの機能は使っていなかった。
キーフレーム動かす時は、各ボーンを選択してコピー→削除→ペーストという原始的な方法を好んで使っている。
センターと足はそのまま、上半身部分だけ移動とかが多い為だ。

ちなみに、
「フレーム編集」のプルダウンの中「特定フレーム選択」以外
「表情」プルダウンメニュー全て
ミク半透明化機能
これらは使っていない。
フル活用でなくてゴメンなさい(><
あと、背景もないから、Shift+眼鏡アイコン(ないし方向アイコン)も使用せず。
そのかわり、マウススクロールは多用w
時折ボーン一覧も一緒に動くがお構いなし。

さて、今日の課題は…
「両手を足に付ける振り付けをしてしまった」篇

しかもやや、しゃがみ状態から
スカート処理3

立ち上がる、というアクション
スカート処理4
と、ようはスカートを自らたくし上げる訳。
嗚呼、なんてマゾい振り付けw
たくし上げがマゾいんじゃないよ? 処理の多さがマゾいという…

問題はやはりスカート。
スカートのボーンは左右とそれぞれの前後の計4つのみ。中間ボーンは無い。
体にめり込むのは嫌だ。手が隠れるのも嫌だ。
もちろん、ぱんつは見せちゃダメだ!見せちゃダメだ!見せちゃだ(ry

X/Y/Z軸を総動員し、前スカートボーンをそれぞれ中央寄せ、後ろもやや中央寄せしつつ、体のギリギリの所まで寄せる。
が、何度やってもデPゾーンが見えてしまう。
しかも、前よりも厄介だったのが意外と後ろ。
すぐにお尻が見えてしまう。
嗚呼、尻だ
ミクは何気にお尻デカいです。
それともう一つ厄介なのが、腰紐。
これ、何の為のボーンだろう?と思っていてまったく弄らなかった唯一のボーンだったのが、ここで役立っているw
上の写真では腰紐ボーンを上げている。
そして、何とかやりくりして、ギリギリ上手くいったかな、と。
スカート処理1

ほんとギリギリw
後はカメラワークで隠すしかない。
スカート処理2
勿論、正面からは丸見えです。
そう、俺だけヘブン状態。

逆にカメラ動かした時に、どれほど密着感が出てくるかはまだ謎。
ここだけで小一時間程格闘したものの、たぶん一瞬にして過ぎ去るのだろう…
スポンサーサイト

いくら丼が食べたかったが入手できず

諦めてコンビニに行くしか無いか…。

■ニコのコメ
有難い事に色々アドバイスのコメなども頂いていて参考にさせて頂いてます。
上級者向けではないか、的なコメもありましたが、決して上級者向けじゃないんではなかとか、と私は思っております。
早送りでサクサクやってるように見えますが、単純にちまちまとX/Y/Zそれぞれの軸を弄っているに過ぎません。
どちらかというとIK優先で動かしてる私のやり方は万能ではありませんので、そういった意味では初心者向けとは言いがたいのかもしれません。

どの方向に動かすか、どの程度動かすかなどは個性が出る部分なので、習うより慣れるしか、というか細かく説明する部分ではないと考えます。

MMDはかなり便利なツールですが、やっぱり作るにあたっては根気が必要。それはMMDに限らず、作曲や絵描き、PVなんかも同じ事が言えると思うです。

興味があれば
「俺には無理」
と諦めず、色々やってみると面白いのではないでしょうか。
ぶっちゃけ、髪の動きなんぞ細かく設定せずともカメラワークで殆ど騙せますw

ちなみに、髪1ボーンを優先に方向曲げてからIKで動きを追従させるという方法は、私にとっては盲点でした…。
IKに頼りすぎてたです。

■ぼかりす
ボカロ本スレで話題になっていますが、確かに技術としてはスゴイ!
が、好き嫌いはまた別の話。
私は既にボカロ耳になってるので、最初は驚いたものの、聞きなおすと物足りなさがあったりと。
NHKの番組でも言っていた「ミクのキャラクター(個性)自体が汎用性が高い」という部分、微妙にロボ声が混じっている部分、などが好きになってしまっているから物足りなさを感じたのかも。
ナマっぽ過ぎるんですよね、アレw
ナマでパンツ見れたのはいいが、2次元しまぱんを見た直後に3次元のシワ付きパンツ見てしまったような…そんな気がしてなりません。

MMDでも同じ事が言えるかもしれません。
というか、3DCGでは既にモーションキャプチャー技術が実用化されて何年も経ちます。
人間だけでなく、センサー付き人形動かしてキャプチャーする事も出来ます。
もちろん、設備もソフトもお金が掛かり個人で使用するにはムズかしいものですが…。
それでもなお、MMDないし他3DCGソフトで手打ちして作っている動画にはまた別のアジがあるというか。
スムージング・モーフィング・物理演算パッチなど、ソフトでも出来なくないですが、敢えて手打ちというのも良いものだと思ってます。
確かにぎこちないです。不自然な動きも多いです。
が、それを上手く使いながら、表現していく楽しさもあると考えます。

私の場合、より自然には見せようと作ってはいますが、完全に自然を模倣するのではなく、ある程度不自然というか、人間では難しい動きなども混ぜていっています。MMDのミクならではの動きというか。
「踊ってみた」タグの「お前らへの挑戦状」ではありませんが、なんかそれに近い感覚で作っていたりもします。

手間の部分で欲を言えば、MMDにもある程度の演算、複数キーフレームに渡るスムージングなど欲しいといえば欲しいですが、フリーで公開してくれているソフトだし作者さんも忙しい。他にも入れたい機能があったりと思っている筈。
手間が増えてもユーザが自分でフォローできる範囲であればフォローすべきと私は考えます。
(有償ソフトだったら手間の削減などの要望は通して欲しい所ですが)

あ、ぱんつ履き替え機能は強く要望しますw

どちらが良い悪いではなく、プラスチックの洗濯籠も便利であれば、手編みの竹篭も丈夫で良いという問題です。
手打ちで頑張るぞ?!

さて、夜食の買出しだ。
プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。