スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MikuMikuOnline用ステージ「paranoia_1」


こちらの動画の方でも紹介させて頂きましたが、ブログの方でも改めて。

「こちら、幸福安心委員会」で使用したパラノイア・コロッセオステージをカブッPがMMO用にリビルドして下さったので公開しています。
一番高い場所と思われる排気塔の頂上まで登れるようになっています。

パラノイアステージ for MMO
http://bowlroll.net/up/dl9241

Paranoia MMO Stage

とても登り甲斐のあるステージになっています。

この記事を書いている時点では固定サーバはありませんが、公式サーバの「ランダム日替わりサーバ」で時折出現するので、その時にお試しください。
また、ローカルで遊んでも丁度良い具合ですし、歩き回るだけでも結構楽しいステージになっています。
動画には出し切れなかった部分も作りこまれていますので、カブッPの世界を楽しむ事が出来るでしょう。
スポンサーサイト

160万頂点の架空世界



 そんな訳で、MMD杯本選参加動画で使用したモデルなどの紹介とデータ配布の動画です。
 160万頂点というのは1つのデータを指しているのではなく、紹介したモデル・アクセなどの頂点数を合計した数値となります。
 登場人物モデルを足すと、もっと上でしょうねぇ…。
 もちろん、全部が一気に一つの場面に出てくる訳ではないので(笑)

さて、以下は本編ならびに上記紹介動画で伝えきれなかった事柄などをネタバレ含めてご紹介します。
当然ながら、セキュリティ・クリアランスは、Ultra Violetです。



■ cubPの世界・背景セットのモチーフは歴史建造物シリーズ

 動画を作るにあたり、かなり頭を悩ませるものの一つが背景です。
 この4年半の蓄積で、把握しきれない程の背景セットなども配布されていますが、それでもなお動画内の世界感を表現するには足りないと思う物もあったりで、モデラーの方々が大道具・小道具にあたるものを日々作り続けたり、また好意で公開してくれたりしていますね。

 そんなモデラーの方々の中でも、私がよく利用させて頂くのが、カブッPとゆづきさんの背景セットです。
 特にカブッPのステージや背景は架空的なものも多く、かつ厨二病を刺激し、空想が膨らむものが多いですね。
 今回、幸いにも連絡を取る事ができ、説明動画内でのやりとり、あれは少々大袈裟な表現にはしていますが、発注やイメージコンセプトなどの会話を何度も繰り返しながら、作って頂きました。
 事実上の丸投げに近い形ですが、私が細かく色々言うよりも、ざっとしたイメージ(雰囲気)だけを伝えてお任せした方がスムーズに作れるだろうと思ったので……。
 なので、ボーン構造のミスくらいしか修正依頼などはしていません。
 また、発想自体もほとんどカブッPからの発案です。そこで出てきたモチーフが

「歴史的建造物を魔改造して並べたりしたらカオスで面白いかもね」

 という所でした。
 もちろん反対する理由もありませんし、むしろその発想自体が面白かったのと、一緒に作っていこうという流れが出来たのはとても幸福でした。
 本来であれば、コロシアム、凱旋門、そして岡本太郎氏の「太陽の塔」をモチーフとしたものが当初の予定ではありましたが、太陽の塔は少し難航していたのか、代わりにコアと螺旋が上がってきたという所です。
(太陽の塔は残念ながら見る事も叶わず…でした)

 実際にカブッPが作った順番は、凱旋門⇒中央集積塔⇒コロシアム⇒コア⇒タマリン⇒螺旋という感じです。

 とにかく、こちらの予想以上のものを作って頂いたので、かなりテンションが上がった状態で動画制作できました。が、同時にこのモデルを生かし切れるかどうかという不安との戦いでもありました。特にカメラは、あーでもないこーでもないと頭を抱えながらの作業でしたね。

 あとは実際にダウンロードして眺めてみてください。色々頭に浮かんで楽しめるモデルかと思います。

 残念ではありますが、カブッPは今年一杯どうやらお忙しいらしく、これを最後に暫く趣味のモデリングはお休みするとの事です。
 また震災の爪痕もまだ残っているようで、まだまだ安定してないようです。
(雑談がてらに色々お話を伺いましたが、1年以上たった今でも、まだ直後の状態のまま放置されてしまってる所が多いようです。特に目立たない地方はそれが顕著だとか……。行政に頑張ってほしいところですね)

 そんな中、幸運にもたまたまタイミング好くそのスポットの部分で依頼を引き受けて頂き、また一緒に楽しく作業できたのはまさしく幸福の時間でした。

 この場をお借りして御礼申し上げます。
 いち早く、今迄以上に安心して生活できるよう心からお祈りしつつ……。



■ m2さんとででさんの拘りと培ったスキル

 イミテーションミクv1自体がかなりマニアックというかm2さんの実験要素と趣味が満載したモデルではあります。PMXフォーマット発表後から手掛けてる歴史あるモデルでもあります。
 標準モデルのPMX化シリーズは以前にも紹介させて頂きましたが、特に愛がこもってるのが、このイミテミクさんではあります。

 まだあまり多くないですが、頂点変形機構にBDEF4(厳密にはBDEF3)を多用しており、特に肩と足の付け根周りは素体レベルから綺麗に変形するように工夫されています。
 ロングスカートでは足の変形具合は見え辛いですが、MMEなどで材質を隠して動かしてみると美しい変形具合が見れます。
 また、肩も鎖骨周りから二の腕辺りまでかなり苦労してウェイトが塗られているのがよく分かります。
 この辺りはBDEF4設定のリファレンスにもなり得るものなので、PMD-Eの知識がある方は是非とも一度ご覧頂ければと思います。

 剛体設定の方はプラグインで一度設定・設置した後に、ででさんの方で再調整して貰っています。
「モーションあれば、それに併せてジョイント設定するよ」とのお言葉を頂きましたが、基本調整の段階で十分に機能したのでそのまま使わせてもらいました。
 これもまたスカートで隠れてしまってますが、足のヒールについてる小さなリボンまでちゃんと物理挙動するようになっています。
 配布版ではスカートを短くするモーフもあるので、短くしてご覧頂ければと思います。

 もしボーンリストやモーフリストの多さに慣れない場合は、これもPMD-Eを活用して、自分の使いやすいようリスト変更などを行う事を推奨します。

 また、材質系モーフは、基本コンセプトとして「MMEのシェーダーなどを介さずともそれっぽく見えるような質感変更」となっています。
 これらも上手く使っていくと面白い表現が可能となりますので、色々お試しください。

 旗の方は動画内でも使用例を説明させて頂きましたが、MMMで物理演算焼きこみを行った後、VMDで出力すればMMD上でも再現できるようになっています。
 また、焼きこみしたモーションデータを拡縮する事でスローモーションやスピード表現、角度大きさ変更などの加工が可能になるので、かなり便利な機能です。



■ 最後に。

 お陰様で20万再生を突破したようです。ありがとうございます。
 手がけた作品の中で過去最高の記録を更新したようです。
 元ネタの楽曲、P@ranoia M@sterシリーズのお蔭でもあるので、というかこれが無かったら生まれてない作品ではあるので、感謝、という言葉では足りないくらいの感謝の念があります。
 ただ、元ネタが分からないと楽しめない動画ではある事を十分承知していますので、楽しめなかった人には申し訳ないと思いつつ、ニッチ的なネタで動画作るのも好きなので我儘を通させて頂いた形となります。ご了承ください。
(元々、万人が楽しめるような力もありませんので…w)


それでは、皆様が義務ではない、自然な幸福が得られる事を祈りつつ、閉会式を一緒に楽しめればと思います。

UVモーフを使用したスカイドーム



ちびでこさんがPMX機能のUVモーフを使用し、テクスチャの入れ替え無しで空模様が変化するスカイドームモデルを公開した模様です。
可能な限りスムーズに切り替え(いくつかは境界がわかってしまうものの)が出来るようなギミックになってるようです。
触ってみると面白いのでお試しあれ

テーマ : MikuMikuDance(MMD)
ジャンル : サブカル

ダンスモーション制作用メトロノームモデル

■ 配布場所
ダンスモーション制作用メトロノームモデル
http://bowlroll.net/up/dl3103


半自動グルーブボーン機構を利用・応用し、5分毎にキーフレームを打つだけでテンポを取りつづけてくれるモデルです。
モデルの横など、見やすい位置にセンターボーンで配置し、丁度5分にあたる9,000フレーム目に「テンポボーン」のキーフレームのY軸回転に、テンポ数を数値入力し登録すれば、アナログ式ストップウォッチのような針がくるくると回りつつカウントを取ってくれます。
ダンスモーション制作用メトロノーム

表情モーフにある「4分(4分音符)表示」でスライダをMAXにすれば1拍づつのカウント部分が表示されます。
さらに、グルーブBOXというボーングループの中にある振幅ボーン、これのゼロフレーム目に任意の方向や量だけ移動すれば、更に8分(8分音符)毎に上下に振幅し、いわゆるウラリズムの指標にもなります。
(円盤の横にある水色の正方体がリズムに合わせて動きます)
簡易的なリズムカウンタとしてご利用頂けるようなモデルになってますので、ご利用ください。
また、PMDEditorを使用すれば簡単に改造できますので、応用で改変したい場合にもご利用いただけます。

モデル制作:くつしたP
改変:かんな
半自動グルーブボーン:donburiroomさん
PMDEditor用オートグルーブ追加プラグイン:Furiaさん

テーマ : MikuMikuDance(MMD)
ジャンル : サブカル

標準モデルPMX版フルパッケージ

標準モデルPMXパック
http://bowlroll.net/up/dl3162


 MMD標準付属あにまさモデルベースのPMX版がリリースされました。改変セットアップはm2gzbさん。
 PMX化においてBDEF4化や稼働が多い部分のポリ割を行い変形がスムースになっていたり、上半身2などよく使われるボーンの追加、モデルによっては腕IKが付属していたり、ギミック的なモーフが仕込まれていたりと多様性に優れたモデルに仕上がっています。
 また、従来リリースされていた女性陣パックや男性陣に加え、イミテーションミクも加わりワンパッケージ化されました。
 さらに、既にリリースされていた一部モデルに不具合があり、それもフィックスされていますので、既に他パッケージを入手された方にもバージョンアップとしてダウンロードする事をお勧めします。

パッケージ内容は以下の通り。

・初音ミク イミテーションv1ミニマム2
・鏡音リン_act2 SR3-E
・鏡音レン SR3-B
・亞北ネル SR5-D
・弱音ハク SR5-B
・咲音メイコ SR2-B
・MEIKO SR2-B
・カイト SR2-B

PMXの機能である材質モーフやボーンモーフなどのリファレンスになりますので、PMDEditorを勉強している方にもお勧めです。

PMX版KAITO (標準改造)

標準KAITO  PMX化型困った仕様
http://loda.jp/mmdfile/?id=895


KAITO 01
KAITO 02


レンに続きKAITOの標準系魔改造モデルがリリースされたようです。
変更点などは以下の通り(readmeより抜粋)

1.BDEF4(4ボーン影響度の採用)肩回り他
2.物理演算対応(かなりやっつけ大甘設定) 
3.上半身2ボーン追加、プラグイン利用による準標準ボーン追加
4.付与親型腕IK、腕IK制御ボーン追加
5.材質変更・素材毎エッジ色変更
6.エラー頂点・不要面頂点削除・頂点不正(重複かつ分離状態の頂点)の修正
6.角張りが目立つ部分のポリ割追加、眼球部をテクスチャ型→ポリゴン型へ変更(材質モーフでテクスチャ型も使用可)
7.各種モーフ追加(主に+型)

などPMX機能を活かしたものが盛りだくさんです。
また上のピクチャを見て頂ければわかるとおり、今回もTSモーフ(性転換モーフ)が搭載されています。KAITOとカイコは同一モデルデータです。
モーフ枠の「その他」に無名のモーフがありますが、このTSモーフの親モーフになるので、それらを単一で使っても意味がありません。
「蚕1~3」モーフがTSモーフとなります(衣装違いの3パターンあるようです)

標準状態の機能改良だけの軽量版も同梱されていますので、用途に合わせて使い分ける事が出来ます。
肩周りをはじめ、BDEF4変形機構のお蔭で破綻なく動かせる範囲が広がっていますのでお勧めです。

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : その他

PMX版鏡音レン (標準改造)

そんな訳でリリースされました。
PMX版鏡音レンです。

標準レン PMX化型明後日方向仕様
http://loda.jp/mmdfile/?id=869


PMX版鏡音レン

ご覧のとおり、TSモーフ(性転換モーフ)実装という、謎仕様が含まれておりますw

標準モデルPMX女性陣パック

標準モデルPMX女性陣パック(ミク抜き)
http://loda.jp/mmdfile/?id=855

そんな訳で、m2gzbさんの魔改造作品がパックになってリリースされました。
タイトル通り、MMD標準付属されてるモデルのPMX改造版です。
img_cache_d_1007413_1_1321170874_jpg.jpg

単純にPMX化されてるだけではなく、主に肩をはじめとした関節部分をBDEF1からBDEF4にして挙動を滑らかにしてあったり、上半身2など多用されると思われるボーンが追加されてあったり、様々な独自モーフが追加されてたりと、PMXの機能を生かした使いやすいモデルになっております。
また細かい所では法線修正なども施されており、リンの肩の変形やハクの不自然な影などの問題も解決されていたりします。
ただ、残念ながら材質モーフに関してはMMD本体側ならびにMME側が完全対応してないので、モデルに直接充てる類のエフェクトでは材質モーフが無視される場合もあるので注意が必要です。

img_cache_d_1007413_2_1321170874_jpg.jpg

まずは一度、お試しあれ。
また、PMXの参考にもなると思われますので、覗いてみて損はないかもです。

このパッケージにはミクは入ってませんが、類似品としてイミテーションミクシリーズがリリースされてます。

イミテーションv1ミク 1.0
http://loda.jp/mmdfile/?id=728


イミテーションv1ミクアペンド0.94
http://loda.jp/mmdfile/?id=729

プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に変換してください)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。