スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちら、MMD杯運営委員会です。(嘘

元ネタ知ってる人は楽しめるかもしれないけど、知らない人はおいてきぼりというアレです。
でもそういうニッチな部分で楽しむのも、またオタクらしくていいんではないかなと。私は嫌いじゃありません。
また、YouTubeやニコニコはそういうので楽しめる場所ではないかなと思ったりも。



実はPARANOIA自体、原曲である「こちら、幸福安心委員会です。」から知り、ザッPの「P@ranoia M@ster」シリーズにたどりいたのです。なので6月後半の話ですね。全20話、徹夜して一気見しました。
元々私自身、うたたPのファンですし、歌詞とPARANOIAの世界観、P@ranoia M@sterの展開の面白さに惹かれ、半ば思いつきで作ろうと思ったのがコレです。
ですので、伸びる伸びないでいったら、あまり伸びない類の動画でしょう。
それでも私は作りたかったし、杯には一度くらいは出場側に立ってみようと思ってたので、丁度よいタイミングでもありました。

ともかく、ネタが分からずとも何となく興味が湧いて、関連動画や楽曲を見に行って頂けたりしたら、PVの役割としても嬉しいものではあります。

さて、後書きじみてきましたが…。

幸い、カブッP、m2さん、ででさんの助力が着手直前に得られる事ができ、動画実現化に向けて動き始めた訳です。
これもまた幸い、MMMの度重なるバージョンアップとそのフィードバック、本選開始直前のMMD x64版やMMEのバージョンアップなど、イジメなのか天からの恵みなのか分からない状況とカオスさが追い風にもなりました。
さらに、締切直前ではあったものの、必殺仕事Pとdombriroomさんからモデルをお借りする事ができ、思い描いてた絵柄をほぼ組み立てる事ができました。
この場をお借りして、お世話になった方々、お声掛けさせて頂いた方々に感謝致します。
特に樋口優さんには、恨みも併せてセットで感謝の念を受け取ってほしいものです(笑)

この動画の為に作って頂いたモデルなどの紹介は、改めてEX動画などを作成してそちらでご紹介させて頂きます。
まだMMD杯は終わっていません。
今回は700作品近くもの動画がアップされていますから、私もようやく作品群を楽しみながらEX動画に着手できるというものです。
もう少し、もう少しだけ夏のお祭りは続きます。

「ええ、今私は、限りなく幸福です」

魂を結構削られましたが…orz
スポンサーサイト

PerfumeGlobal x MikuMikuMoving

Perfume Global Site
http://www.perfume-global.com/

こちらにて配布されているモーションデータと曲を使って、MikuMikuMovingの有用性を検証してみました。



動画内でほとんど説明出来てしまったので、ブログにてフォローする内容はそう多くはありません。これもゆかりさんの声のお陰ですねw
やはり文字で説明するとどうしても字数制限などもあり、また時間もかかってしまいますが、耳も併用する事で情報圧縮ができるなぁと実感しました。

とにかく、MMMはモーション自作派などには特にお勧めです。
これだけ編集機能が充実してきているので、かなり時間節約にもなります。
更に効率などを求めるとなると、今度はモデルフォーマット側の問題となってきますね。

【重要】MMDデータ保管庫について

[重要] LODA.JP 3月31日サービス終了のお知らせ
http://blog.loda.jp/2012/02/lodajp-331.html


……との事で、MMDデータ保管庫についても同様、閉鎖を余技なくされます。
これを期に、私の方では以降、アップローダー運営から手を引く形になる事になります。
元々は、Uploader.jpの一斉データクリアの対応としてのバックアップから始まった訳ですが、現在では有志によるアップローダーや、各自でアップローダーなりクラウドなどを利用してデータ管理する手段が増えてきましたので、以降も私が管理する必要性は少ないかと思われます。
長らくのご愛用ありがとうございました。

データ移行・移管については、現在思案中です。バックアップ作業は進めております。
ですが、パス付ファイルや一時利用と思われる(「お借りします」系)についてはバックアップもとりません。というか取れません。

私個人でアップロードしたものは、Skydrive側に移行するか、もしくはDropBoxの利用を検討中です。
入手についてはこのブログもしくはホームページの方で連絡します。

データ管理庫について何かありましたら、私の方へメールを送ってください。
このブログに書いてあるメールアドレス、データ保管庫にある「管理者へメール」(メールフォーム)どちらも同じアドレスにド六ようになっています。
一応本文などに氏名(ハンドル名などでもOK)を書いていただければ対応させて頂きます。

初音ミクの消失 - Moonbug remix -



 そんな訳で、1本仕上げてみました。
 以前にここで告知した初音ミク Dance Remix Vol.1の絡みでPVを作成する事になったという。
 制作期間は言い訳にしかならないですが僅か一ヶ月でどこまでいけるかという部分もありましたが、MMDのお蔭で(ギリギリになったものの)間に合わす事が出来たようです。
 これ、他の3DCGソフトでも出来ない事はないでしょうけど、かなりしんどい期間かと。MMDでもギリでしたが…w

 さて、今回作成したもので学んだ事もいっぱいありましたし、それは小出しにはなるでしょうけど、このブログや生放送などでじわじわと明かしていくかもしれません。

 動画自体はあまり凝ったことをせず、ストレートなPVなので、アルバム収録されているもう一曲のPV「ワールズエンド・ダンスホール」

 こちらのようなネタ・突っ込みどころ満載ではありませんので、数字の伸びは正直期待できない所ではありますが、地味に見られ続けていけたなら本望ではあります。

 リミックスされたMoonbugさんとは直接お会いする事はありませんでしたが、大好きなアーティストでもあったので、今回の機会は本当に驚きました。
 何回か生放送やコミュの方ではバラしていますが、現在も制作中のStarrySkyのリミックスは3年以上経っても今だヘヴィローテーションが続いている曲です。
 それを完成させる前に、まさかこんな話が舞い込んでくるとは思わず…。
 Starryの方は納得いくまで作りたいと、今回のを仕上げてから更に思いが募りました。


 そして謝辞とお詫びを。

 まず、ブラザーP、本当にごめんなさいでした。時間無い中で色々と手伝って頂いたものの、最終的に反映するに至りませんでした…。私がC4DとAEプラグインを持ってなかった為に再現不可能なプロジェクトが多かったもので…。
 お詫びは何れ、形に。

 モデルをカスタムしてくれたのはm2gzbさん。標準ミクVer2をカスタムしたイミテーションミクを更にこの動画用にカスタムして頂きました。
 元のモデルはイミテーションだけでなく、m2さんが作られたワールド・イズ・マインのフルカスタムモデルからも部品などを組み合わせています。
 足先IK、腕IK/FK、17歳モーフ固定化、マテリアルの見直し、ボーン構造と剛体設定の微調整、さらにキャップを被った時に前髪がはみ出ないようなモーフをはじめとしたPMXモーフの数々。
 胸の増量に関しては言い争い(笑)の上、譲れないモノとしてm2さんに軍配が上がり、動画の状態になりました。
 瞳も、テクスチャタイプとポリゴンタイプを使い分けできるようなギミックを仕込んで頂いたなど…わずか1週間近くでセットアップして頂いた事には感謝しております。
 実際に使用はしませんでしたが、チューブトップスタイルだけでなくキャミソールタイプもあるのですが、今となってはキャミも捨てがたかったなぁと…。
 いずれまた、この子達には表舞台に立たせたい所です。

 あにまささんには毎度ながら使用許諾を頂き、感謝しています。本執筆の頃から、何度も同じ内容になりがちな許諾メール
に返事して頂き感謝しております。

 舞力介入P、針金P、ビームマンPとそぼろさんのMME並びにエフェクトスクリプトは非常に作業効率のアップに役立つばかりではなく、動画を彩った主役でもあります。私の使い方が至らぬばかりに荒い部分も出ちゃってますが、お蔭でAEにあまり頼る事なく、MMEで8割方済んでしまったのは大きかったです。
 ありがとうございます。

 Moggさんが作られたFace and Lipsのお蔭で、リップモーションをかなり素早く仕上げる事ができました。また微調整も楽なので、魅力的なリップの動きを作成できたのは大きかったです。もうPV系や歌ものとかでは手放せないソフトです。いつもありがとうございます。

 そしてビクターエンタテインメント株式会社のご担当者様。本当にギリギリまでハラハラさせるような状況にしてしまい申し訳なかったです。恐らくこれでシロウトを使うのは懲りたかもしれませんが…w
 バックアップ案まを使わずに済ませたい所でしたが、こちらの準備並びに確認不足が重なり、結果としてギリギリになりましてご迷惑をおかけしました。
 また色々と奔走して頂き、ありがとうございます。

 最後に樋口さん。
 MMDが無かったら恐らく実現できなかったであろう制作期間と動画です。ソフトと向き合ってもうすぐ4年目を迎える所ですが、お蔭様で毎日がカオス…もとい、楽しい生活を送れるようになり、今回のようなチャンスにも恵まれました。
 生きがい、というと大げさかもしれませんが、少なくとも先が不安定なこのご時世で純粋に楽しめる何かを、またそういう場があった事を感謝致します。
 ありがとうございます。

初音ミク Dance Remix Vol.1
初音ミク Dance Remix Vol.1 - Victor Entertainment Inc. ティザーサイト

このサイトで収録曲のサワリを聞く事が出来ますし、近々クロスフェード動画もリリースされる事でしょう。
なかなかチャレンジングなアルバムですし、名前の通りダンサブルなリミックスが多いので、MMDで躍らせてみるのもいいかもしれませんよ!

初音ミク Dance Remix Vol.1

初音ミク Dance Remix Vol.1
初音ミク Dance Remix Vol.1 - Victor Entertainment Inc. ティザーサイト


情報解禁という事で告知です。
ビクターエンタテインメントさんから発売予定のニューアルバム
初音ミク Dance Remix Vol.1
が2011年12月7日にリリースされる予定です。
サイトを見てもらえばわかるとおり、ヒット曲を様々なアーティストによるリミックス・マッシュアップを経て一つのアルバムに集約したという、何とも贅沢な作りになっています。
ブ厚いサウンドとグルーヴ感あふれるビートの数々。フルアルバムなので最初から最後までトリップできるような内容になっているようです!

で、何故にここで告知をするかというと…
まずはサイトのアドレスをご覧ください。
はい、このブログのサブドメインと同じ名前のフォルダになってますね~。

今年末に開催されるMMD DANCE MOTION CLIMAXとの関連は直接ありませんが、「ダンス」絡みでほんの少しだけプロモーション協力させて頂く運びとなりました。
今回のこの記事もその一環であります。
また個人的にも好きな楽曲・作曲家・DJ・アーティストの方々の参加も多くありましたので、脳汁出しながら協力させて頂く事に。
現在はまだ多くは語れませんが、アヴレッシヴで、かつ挑戦的なアルバムとなる予定らしいです。
初音ミクの楽曲でかつダンサブルな味が好きな人には、かなりツボな感じになるのではないかと!

また私もまだ多くは知りませんが、様々な展開も画策しているようです。今後の動きにも要ちぇけら。

【余談】
初音ミク楽曲が初めてメジャー流通に載ったのが、同社から出されてる「Re:Package」ですね。
より多くの楽曲を人々に届けたい、をベースに、担当部署・関係者の方々が日夜奔走されているようです。

CodeZine新連載:「MikuMikuEffect」の概要と導入方法

3DCGツール「MikuMikuDance」のエフェクトを拡張する「MikuMikuEffect」の概要と導入方法
MikuMikuEffectで学ぶHLSL入門(1)
http://codezine.jp/article/detail/5997


という事で、書籍発売後こっそりと進めていた企画の一つ。
MMEことMikuMikuEffectのエフェクトスクリプトであるHLSLについて解説をしていくWeb連載記事が始まりました。
筆者はMME開発者である舞力介入Pと、多くのスクリプトを書かれているPさんの一人、ビームマンPのお二方となります。
現在の所、6回の連載予定となっていますが、Web連載なので6回で終わるか、その前に終わっちゃうか、はたまた続くかはわかりません。

CodeZineは割とコアなプログラマ向けの情報サイトではありますが、MMEについての記事はコア向けではなくライト層というか初心者向けの内容となっています。
今回の第一回目の記事は、MMEについての説明と導入方法といった感じではありますが、次回以降でHLSL(FXスクリプト)についての解説に移っていきます。

HLSLはCライクな記述言語ですが、MMEではコンパイルも必要とせず変更後、即座に反映されるので改造や加工した部分がすぐに見れるというメリットがあります。
今までプログラムに対して苦手意識があった人でも、目に見えて結果が得られやすいので、プログラムを書く楽しみが得られやすいかもしれません。
また、学校で習った数学の知識とかが役立つ場面でもありますので、これを期に復習しなおしたりするのも良いかもしれませんね。

また、数多く出されているエフェクトファイルはそのままでももちろん使えますが、自分用にカスタムしたり、作品に合わせて加工する事でより一層表現の幅が広がります。
連載の記事を見ながら、そんな加工ができるようになるかもしれません。

今後も引き続きご期待ください。

MMD Ver7.07

という事で、おうちに帰るとパパがお土産買ってきてくれたような気分になれるバージョンアップ報告です。

Ver.7.07(2010/08/23)
・MEIKOモデル追加
・おまけ機能だった背景黒色、モデルの完全透明化をメニューに追加
 (「背景」→「背景黒化」,「表示」→「モデル非表示」)
・物理演算時、床を計算する・しない の選択をメニューに追加
 (「物理演算」→「床」)
・物理剛体最大数を16384個まで拡張
・フレーム移動時にWAVEを短く鳴らすモード追加
 (「ファイル」→「フレーム移動時WAVを鳴らす」)
・その他バグ修正


■MEIKOモデル追加
遂にあにまさ版であるメイコが搭載された模様です!
MEIKO01
この為、MMD本体(exeのみ)の上書きでは当然追加されませんので、UserFileフォルダも上書きしてください。
もしくはMEIKO.pmdとテクスチャファイルのコピーが必要となります。

■おまけ機能だった背景黒色、モデルの完全透明化をメニューに追加
従来、「B」キーによる背景の黒化などによる合成出力用の機能がメニューにも追加されたようです。

■物理演算時、床を計算する・しない の選択をメニューに追加
これは面白い機能です。物理演算メニューに「床」という項目があるので試しに外してみると、床の剛体が無くなり、Y軸のマイナス面までおちるようになります。
落下表現や特殊な使い方する時には便利かもしれません。

■物理剛体最大数を16384個まで拡張
今までは1,024個の制限がありましたが、その上限が大幅にアップしました。16倍の16,384個です。
前バージョンまでは、例えば剛体数が多いルシールさんの「霧雨魔理沙」モデルでいうと5体までが限度でしたが、このバージョンからは10人読み込んでも大丈夫(MMDが異常終了しない)状態となりました。
ですがその分、物理演算ならびにメモリ使用量は大幅に処理が重くなり、6?7体くらいで1fps以下になる可能性が大きいです。
パソコンのスペックと相談の上、ご使用下さい。
MARISA01

■フレーム移動時にWAVEを短く鳴らすモード追加
いわゆるサウンド・スクラブ機能が追加されました。場所は
Scrub
ファイルメニューの下の方にあります。これをオンにすると、フレーム移動時(フレーム操作パネルのフレーム移動ボタン、もしくは矢印キー)で移動した時に、1フレーム分の音が出るようになります。
矢印キー押しっぱなしで再生に近い状態(ブツブツいいますが)になるので、音の区切りや喋りに合わせる時とか便利になります。

■その他バグ修正
毎度乙ですな、おそらくバグフィックス。

細かいバージョンアップではありますが、何気に大きな変更もあるので、バージョンアップした方が幸せになれるでしょう。
取り急ぎ、報告です。

可愛いモブモデル


何かタグがついていたので、ついプロフ用にと…w
「たーにーしーができ?りゅ?♪」

RANKIN'MMD 2010年2月号

■RANKIN'MMD 2010年2月号

まぁMMD杯以外にもたくさん動画が投稿された月でしたね。
杯参加者も多かったですが、参加していないユーザーも増えたという事かもしれません。
そして今年はどうなることやら、です、ほんとw

各種データ公開における諸問題について

各種データとは、MMD関連のデータ(モーションデータなど)、関連ソフトウェア、MMDで使用可能な形状データなどを指します。
諸問題とはデータ改変・再配布なども問題を指します。
そしてこれは私的見解なのでこのブログに記す意図です。

改変や再配布の問題はMMDから離れると結構昔からある問題ですね。古くはパソコン通信時代からある類の話かと。
MMDでも前々からあったものの、ここ最近で表面化してきたという感じです。
これら諸問題は決定的な解決方法は無く、各個の意識の持ち方や風潮といったもので左右されてしまいます。
ルールを制定する事も考えられますが、制定したところで「誰が作ったルールなの?」「納得できないルールに従う義理は無い」などにより、有名無実化することも多いです。
問題提示する事は至極真っ当だと考えますし、よい事だと思います。
ですがそれに対する回答はなかなか得られないでしょう。

データ公開者は、例え有償であろうとも無限のサポート・機能要望などを盛り込む保障は出来ません。
また無償公開であれば尚更、全面的な責任を負う必要もない訳です。
特にMMD(に限らずですが)などでは、公開者の善意に因る所が大きい訳ですね。

樋口さんの言葉である「お金は要らないからニコニコできる作品を見てみたい」というのは、何も樋口さんだけではなくデータ公開者全てが思っているのではないかと思うのです。
こういうのあったら便利だよね、こういうのあったら面白いよね、自分だけで使うのは勿体無いから使ってくれる人がいるのであれば公開してみようかな…etc
そういった部分からスタートというか公開に踏み切るのでは、と。
少なくとも私は、DLさせて貰い使わせて貰っている各種データについては、DLした時だけでなく使用する歳には感謝の言葉を心中で言っていたりします。
「このデータが無ければ、自分の作品も生まれなかった」
と。

善意に対し悪意も存在し、また善意だけでは成り立たない世の中ですので、空気読めというのも真っ当な意見とは言いがたいものです。
なので使用者側、データ公開者共に自己防衛を含む具体的な手段を講じないとならない訳です。
これは非常に面倒ですし時間も取られます。ですが、しないまま後で揉めるよりは予防策をとっておく事で、後の面倒や時間の浪費を抑えられます。
使用範囲、公開範囲、責任の所在などを明示しておくことで予防できる訳ですね。
もちろん、これらも万能ではありません。公開するに当たり全ての事象に対応するというのも不可能です。
ただただ、面倒臭がらずこの辺りを盛り込む事により、結果的な損を回避できる可能性が大きくなりますという提案に過ぎません。

また使用者側も「作った人にニコニコを」という意識が芽生えれば、また意図を汲み取っていけばどう為すべきかの方向性は見えてくる場合もあります。
公開者側の望み、また自分が公開者側の立場だったら、何を是として何を嫌とするか…
行動を起こす前に一旦考え、また確認してみる事を勧めます。

コミュニティの人数が少なくかつ一箇所に集まっていれば意見を収集でき、「総意」というのを表面化させることも出来ますが、人が増えれば総意は存在できなくなります。
あらゆるベクトルへ広がり、ポリゴンから球体へと変貌するようなものです。
趣味というか、楽しみたいからやっている事で嫌な思いは誰もしたくありません。
ですがコミュニティなどが大きくなると、人々を混乱させたり対立を煽ったりして楽しむ人も出てきます。
なので面倒ではありますが防衛策の手段を講じる必要もありますし、理の通じない話に惑わされないよう心がけるなどが必要になります。

これら諸問題は冒頭にも書いたようにモデルだけでなくアクセサリ、モーション、プログラムそれぞれの公開者にもまつわるものです。
また公開場所での話ではなく、メールやメッセージングをはじめとした水面下では結構前からあった問題でもあります。
それの一部が何かしらの切っ掛けで表面化してきたというお話ですね。

過去にも繰り返されてきた問題ではありますが、これを切っ掛けとしてコミュニティが縮小ないし衰退するのは好ましくありません。
具体的解決策に欠けるものの、願わくは個々の意識として楽しさと感謝の根底を考えつつ行動して頂ければと考えるものです。
こういったものは日本でしか通用しないかもしれませんが、少なくとも国内だけでも善意と感謝のやりとりが出来るようにも願いたいものです。

ただただ、公開者が(コミュニティが嫌になって)居なくなるのは寂しい。できればニコニコして欲しい。
使用者側も憂いなく作品を作り、公開者や視聴者にニコニコして欲しいという願いはあると思います。
金銭こそ掛かりませんがこれも一つの取引みたいなものでしょう。

野望を言えば過去にも繰り返されてきた類似的な諸問題を、根本的な解決は難しいとしてもMMDを通じたコミュニティで新たな明光が見えるようになったら面白いなと。

私も具体的な解決・改善策は明示できませんが、それに近いものを見出す為の手段としてコミュニケーションというのは大事じゃないかと考えます。
報告・連絡・相談・確認…と、まぁ仕事上でもよく言われる事ではありますが、少なくとも相談したり連絡しあったりする事で光が見えてくる場合が多いのではないかと思うのです。
データ公開者がコミュニティの中に「一緒に」居ること、しかも決して王族のように話しかける事が出来ない訳ではなく、公開者も使用者も同じ立ち位置であることを忘れたくないものです。

発展とは何も人が増えたり物が増えたりする事だけでなく、意識や発想など内面から出てくるものも含めて指すものではないかと考えます。
そういった意味ではMMDを通じて、知人・友人・理解者などのネットワークなどの広がり、知識の共有などがより一層、互いが笑顔でいられるような発展が今後も続くように願います。
(勿論、願いというのは行動も含みます)


とまぁ、よくもこれだけの写真もない長文エントリーを読んだ貴方に
m9(^Д^)プギャー!
プロフィール

かんな

Author:かんな
ニコニコ動画などでMMD動画をうpしてるしがないユーザーの一人。
ブロマガ版みくだん
連絡先:mikudan3939葱gmail.com
(葱を半角@に脳内変換してください)
【FaceBook】上記アドレスか、ID「kanna3939」で検索を

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Ask.fm
MMD関連の質問や生放送で読んでほしいお便りとか、ネタとか色々受け付けているかもしれません。
Twitter
MMD関連物
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。